気になるワキガや体臭、本当の原因と効果的なニオイケアとは

自分のものは気付きにくいのに、他人のものはどうしても気になってしまうのが「体臭」です。体臭が原因で仕事に支障が出るケースを実際に見聞きしているかたも少なくないことでしょう。また、他人のニオイによって不快な思いをした経験を持つ人も大勢います。

 

「仕事などで関わる相手には迷惑をかけたくない」

 

そう考えて毎日ニオイケアをしていても、何故か相手に不快に思われているようだ、と感じたことはありませんか。そんなときは、ニオイケア自体を見直してみる必要があるかもしれません。

 

ワキガや体臭が気になる方必見!ニオイが出る本当の原因とは?

体温調節などの機能を持っていることから、人間にとって、汗は重要です。

 

この汗が出る主な原因は、

  • 暑さ
  • 緊張やストレス
  • 発汗作用のある食事

などとなります。

 

汗=臭う、と誤解している人も少なくないようですが、実は、分泌された直後の汗は無臭です。しかし私たち人間の体には、たくさんの雑菌が付着しています。この雑菌が汗や皮脂を酸化/分解することによって、「ニオイ」が発生します。

 

体臭のもととなる成分は数が多く、数百種類以上が確認されています。

 

気になるワキガや体臭は部位による汗の違い

ワキガや体臭の原因でもある汗は汗腺から出ます。この汗腺には、

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

の2種類があり、汗腺によって発生するニオイも異なります。

 

エクリン腺から出る汗

運動したときなどに全身から出るサラサラした汗は「エクリン腺」から分泌されたもので、ほぼ水で出来ています。汚れなどが付着することにより、時間と共にニオイが発生するようになります。

 

アポクリン腺から出る汗

「アポクリン腺」は、わきの下や性器の周辺に多く分布しています。この汗には特有のニオイがあります。一般に「ワキガ」と呼ばれているのは、このアポクリン腺から出る汗となっています。

 

夏場のニオイケアで大切なこと

汗をかいたあと、ニオイを気にして制汗スプレーなどを使用している人も多いことでしょう。しかし、ニオイは「汗が雑菌に分解される」ことによって発生します。そのため、ニオイケアとしてまず大切なのは、汗をきちんと拭き取り、乾燥させることとなります。

 

その上で、ケア用品を使うほうが効果的です。これは、脇だけ出なく、足や全身どこであっても同じです。汗をかくたびに洗い流すのは難しいかもしれませんが、汗を拭き取り、乾燥させるだけなら難しくなさそうです。

 

さらに口臭も「食べかすなどが雑菌に分解される」ことで発生します。そのため、口臭を予防するなら、まず歯磨きが大切になってきます。

 

気になるワキガや体臭、原因と効果的なニオイケアまとめ

病気などによる体臭や口臭については上記の限りではありません。しかし通常の範囲の体臭や口臭に関しては、まず清潔にした上でのケアをおすすめします。

 

ニオイを気にしたいのは夏だけではありません。

 

冬場でも、暖房や緊張によって汗をかく機会は多いものです。ニオイケアをする場合、ぜひ、効果的なケアをしていきたいものですね。